先生、浮気してごめんなさい。

  本日のショーセキ情報

 両手ののーほーちゃんたちはやっと消失したが、足の裏の琵琶湖の角化は以前治まりを見せない。とりあえず炎症は落ち着いた状態で、主は最強ステロイドとワセリンで試験的に対処中。

 

 1000文字以上書いた記事が、今一瞬で消えたわ。最近、写真を貼り付けようとするとネットが落ちるのよ。まったく困ったものだわ。

昨日、いつも行ってる内科に行って来たの。で、私ちゃんと先生に申告したわ。先週皮膚科を受診してきたって。

 

スポンサーリンク
 

 

「先生、浮気してごめんなさい。先週症状が急に悪化して、皮膚科に行っちゃったの。先生に相談もしないで事後報告になって、ほんとにごめんなさい。」

「別にいいけど(笑)で?薬は何が出たの?」

「マイアロンとミノサイクリンっていうジェネリックと、亜鉛華軟膏。」

「マイアロン?ジェネリックは良くないって前に言ったでしょ。」

「でも、そこはそれしか出さないって、聞いても何も問題ないって。」

「問題あるよ、特に塗り薬は先発品じゃないとだめ。」

「先生が最強ステロイドを出してくれないから、皮膚科に行ったんだよ?もうアンテベートじゃ効かないから。。。」

「僕はね、一番強いのじゃないとだめってなるのが嫌なんだよ。」

「でも、効かないレベルの薬を使い続けても意味が無いし、一時的に強いので抑えるっていうのも一つの手でしょ?」

「そんなに欲しいの?最強ステロイド。」

「うん。それで症状が治まるなら使ってみたい。」

「わかったよ・・・。でも、良くなったらすぐアンテベートに戻して。」

「はぁーい。」

 

 そんなこんなで、処方箋を持って薬局に行って薬剤師さんとお話したら。

「そういう病院ありますよ、薬局との繋がりを重視するっていうの。本来なら、患者さんがどちらにするか決めるんですけどね。それに、近隣の病院や〇〇病院(この辺りで一番大きい病院)でも、掌蹠膿疱症の患者さんにはアンテベートまでしか出していません。」

「そうかぁ、だから先生も慎重になるのかな?」

「多分そうだと思います。それだけ強い薬ということです。あと、亜鉛華軟膏は皮膚を乾燥させるので、角化が進んでる箇所には向いてないと思いますよ。」

「それは、私も使ってみて思いました。どんどん皮膚が乾燥してきたので、今は使ってないの。」

「その方がいいですよ。今は、デルモベートを塗った後にワセリンで保湿した方が皮膚にはいいですね。」

ふむ。

やっぱり、保湿は大事ってことよね。亜鉛華軟膏、初の試みでワクワクしたけど、とりあえず今はしまっておこう。

色んな意見や見解があって、ほんと悩むところね。結局、何が良くて何が良くないのか、色々と見極めて使わないとだめってことなのね。

少し考えてみるわ、また皮膚科を受診するかどうか。私、優柔不断な性格だから色々迷っちゃうのよね。時間があったらまた後で書いてみるわね。今日は時間がたっぷりあるから。

 

f:id:sugixxhiro:20170209103235j:plain

ひろのおすすめエントリ

掌蹠膿疱症の治療をしていく上で大切だと思うこと。

私なりの掌蹠膿疱症の対処方法

にほんブログ村 病気ブログ 掌蹠膿疱症へ
ランキングに参加してます