読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私、夜の世界にいたの。

私と同い年の友人がね、もうすぐおばあちゃんになるらしいの。

今日LINEで教えてくれたわ。

来週か再来週には、娘さんの赤ちゃんが生まれるって。 

 

f:id:sugixxhiro:20161220202235j:plain

 

彼女は、以前同じ職場で戦った仲間。

今は自分のお店を持ってて、毎日二日酔いになりながらも、夜の世界で頑張ってる子なの。

 

実は、私も同じ世界にいたことがあるのね。

昼間、父の看病をするために歯科医院を辞めたあと、なぜか勢い余って夜の世界に飛び込んじゃったのよ。

時間は作りたいし働かないといけないしで、きっと切羽詰まってたんだろうね。

今考えると、普通の主婦が水商売で働くなんて、とんでもないことだって認識出来るわ。

でも、その時は、もうその道しかないって腹をくくってしまったのよ。

短時間で高収入の仕事をしなきゃって、生活のために頑張らなきゃって、一人で焦ってたんだろうな。

 

体質的にお酒が苦手な私だから、そりゃもう苦労したわよ。

でも、一杯頂いてなんぼの商売だから、頑張って無理矢理飲んでたっけな。

今出来るかって聞かれたら、迷わず即答で無理って言うけど。

 

その頃、ちょうど長男が家を出て次男が高校に入学したから、みんなで一斉にスタートを切ったような感じだったわ。

でも、年齢的なこともあって、入って2ヶ月もしないうちにチーママになってしまったのよ。

そこからが、本当に大変だったわ。

なんとかして自分のお客様を増やさなくちゃ!って、名刺ホルダーなんか買ったりしてね。

もちろん、ママに自分の名刺を作ってもらって、沢山の方と交換したっけな。

同伴もあったし、アフターもあったし、営業としてやったこともないゴルフも始めたわ。

全部、時給は付かなかったけど、そういう形でしか私は頑張れなかったの。

 

もうね、ほんとに意味のわからない世界だった。

 

でも、なぜか頑張ってしまったのよね。

なんだろう。

ママに認めて欲しかったのかな。。。

 

いい年して素人っぽい。

水商売の女性にしては、ズルいところが無い。

 

そう思ってくれる年配の紳士的なお客様たちに、ほんと良くしてもらったの。

ほとんどの方が社長さんか副社長さんで、若い時に結婚して遊んだ時期が無かった私に、色んな遊びを教えてくれたわ。

こっちは、ついて行くのにかなり必死だったけど。

 

そうやって、夜は仕事をして、昼間は時間が許す限り父に寄り添ってた。

正直、夜の仕事をしていなかったら、私自身参ってたかもしれない。

多分、私は夜お酒を飲んではしゃぐことで、父の病気の辛い現実から逃げていたんだと思う。

でも、お客様のタバコを買いにお店を出た瞬間、父の余命宣告のことを思い出し、ポロポロ泣き出したこともあった。

それでも、お店に戻る時は満面の笑顔で入って行かないといけなかったのね。

その切り替えが出来たのも、今思えばお酒の力のおかげかもしれないわ。

 

結局、色んなことが積み重なって限界を感じて辞めたんだけど、そんな可笑しな生活を後悔したことは無かったの。

どんな経験も、人生の肥しにしてしまう私だから。

 

今でも、初めて会った人となんの壁も作らずに笑顔で話すことが出来るの。

でもそれは、元々警戒心が無いからかも。

 

そんな異世界で一緒に奮闘した仲間が、もうおばあちゃんになるなんて。

一緒にピンクレディーのメドレーを振り付きで踊った彼女が、おばあちゃんになるなんて。

なんだか信じられないな。

 

そうそう。

来週の土曜日の夜、久しぶりに彼女のお店に行くことになったの。

普段は夜遊びしないから、ちょっと楽しみ。

 

あんなに夜出歩いてたのに、不思議よね。

 

これを読んだ読者さん、みんな引いちゃうかもしれないわね。

でもね、なんとなく書きたくなったの。

急に、夜の世界が懐かしくなっちゃって。

 

だから。

読者やめるって、クリックしないでね。

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 掌蹠膿疱症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村


皮膚・爪の病気 ブログランキングへ