まだ痺れてる~。

麻酔が~

麻酔が~~~

f:id:sugixxhiro:20161220220734j:plain

 まだ口の周りまで麻痺させてる~。

変な感じ~。

気持ち悪い~~。 

でも、久しぶりの感覚で懐かしいわ。

 

行ってきました、古巣の歯科医院。

いよいよ、アマルガム撤去プロジェクトの始まりよ。

 

「先生、ご無沙汰してます。」

「なんだ、ひろさんじゃん。 どうしたの?」

「実は、春頃から病気になっちゃって、

 その原因が金属アレルギーかもしれなくて。。。

 先生、掌蹠膿疱症って、知ってる?」

 

「知らない。」

 

えーーーー

先生、頼んますよーー!

歯科医なら、みんな知ってるかと思ったのに。。。

先生、大丈夫かしら?

 

「なんかね、アマルガムが原因になってる可能性が高いの。

 だから、全部撤去して欲しくて。」

「へぇ~。 そうなんだ、知らなかった。

 ちょっと見てみよっか。」

 「はぁーい。」

「んー。 アマルガムが入ってる所、5本あるね。」

「え? 3本じゃない?」

「いや。5本だよ。」

 

がーん

  

ほんとだ。

写真撮って見せてもらったら、5本もある。。。

えーん。

 

「じゃあ、それを全部除去して、CRにして下さい。」

「いいけど、とりあえず今日は右下の2本やろっか。

 で、次は前歯で、その次は右上ね。」

「はぁーい。」

 

という訳で。

今日は、位置的な問題でまとめて2本治療してもらったわ。

 

まず、アマルガムを削る前に麻酔をするんだけど、

普通は、注射の前に表面麻酔の薬を塗るのね。

注射の針で痛くなるのを緩和させるために。

でも、それね、私の大っ嫌いなバナナ味なのよ。

だから。

 

「先生、バナナの匂いが嫌だから、直接打って。」

「いいの?」

「いいーんです!」(川平慈英風)

 

ぶす。

 

先生、相変わらずお上手。

全然痛くなかったわ。

さすがね。 

でも、先生、たっぷり打ったでしょ。

麻酔、まだガッツリ効いてるわ。

そういえば、注射を打つ前に。

 

「今日、麻酔が効かない人、3人もいたんだよね~。」

 

なーんて言ってたっけ。

だからって、私まで大盛りにしなくてもいいのに。

 

そんなこんなで。

無事に治療は終了。

次回は、来週の木曜日よ。

楽しみ楽しみ。

 

帰り際、先生がこう言ってくれた。

 

「病気のこと、調べてみるよ。」

 

お願いしますよ、先生。

私、この治療に賭けてるんだから。

 

ふぅ。

治療に関しては知識があるから不安は無いけど、

やっぱり、あのチェアーに座ると緊張するなぁ。

でも、頑張るぞ。

 

にほんブログ村 病気ブログ 掌蹠膿疱症へ
ランキングに参加してます