一喜一憂って、疲れるわね。

いい状態が続いても、

その期間は余りにも短くて、

また、いつもの振り出しに戻る。

 

それでも、今度こそ最後かも。

今度こそ、出ないかも。

そんな期待を、捨てきれないでいる健気な私。

 

f:id:sugixxhiro:20161221015501j:plain

 

ポツポツと膿疱が出る度に、

必死にケアをして、皮膚の状態を戻す。

やっと綺麗になったと喜んでいると、

また、新しい膿疱がぽつん、ぽつんと現れる。

 

またかぁ。。。

 

がっくし。

 

こんな日々を、いつまで送るのかな。

やんなっちゃうね、ほんとに。

 

でも、命に関わるほどの病気じゃない。

辛い思いをして、色んな薬を試せるだけ試しても、

報われなかった父のように、

絶望を抱えるほどの苦しみがある訳じゃない。

 

余命宣告をされた父のように、

悔しくて悔しくて、

辛くて辛くて、

気が狂うほど切ない時間を過ごしてる訳でもない。

 

「お前、贅沢だぞ。」

 

辛くなると、

いつも、そう父に言われてるような気がする。

 

そうだよね、お父さん。

 

あの時のお父さんの苦しみに比べたら、

私の辛さなんて、大したことないわよね。

もっと、頑張らないとね。

 

 

今日は、父の月命日。

命の宣告を受けてから、ずっと一緒にいた父。

病気になって、

やっと「お父さん」って呼べるようになったのに。

たった一年で、何処かへ行っちゃった。

 

今日、遺影に話しかけたよね。

 

お父さん

なかなか治らないよ、病気。

こんなに頑張ってるのにさ。

もう、やんなるよ。

なんとかしてよね。

 

 

ごめん。

ちょっと、参っててさ。

愚痴っちゃった。

大丈夫。

ちゃんと頑張るから。

生きられるんだもんね。

贅沢言っちゃだめだよね。

来月はいい報告が出来るように、ちゃんと見守っててよ。

頼んだわよ。

 

 

「わかったわかった。 頑張れよ。」

 

 

笑いながら、

そう言ってくれてるような気がした。

だから、めげないわよ。

 

のーほーちゃん。

なんぼでも、かかってきんしゃい。

ワセリンで、ベッタベタにしてやるから。

 

それに、私にはお父さんが付いてるんだからね。

そう。

私は無敵なのだ。

 

にほんブログ村 病気ブログ 掌蹠膿疱症へ
ランキングに参加してます